出資してもらえるように

事業内容の説明が必要

出資するかどうかは、相手の判断に任されます。
怪しい事業には、協力したくないと考える人がほとんどでしょう。
ですから、事業内容を細かく記載する必要があります。
どんな製品を作ったり、サービスを提供しているのか書きましょう。
またこれまでに会社を経営した経験があれば、それも書いてください。
経験があることが伝われば、利益を得られる会社だと判断されることが多いです。

空欄が多いと、避けられる傾向が見られるので注意しましょう。
サイトに登録しただけで、準備が終わりだと思わないでください。
たくさんの人が出資したくなるように、説明を記載しましょう。
ただわかりやすく書かなければ意味がないので、文章をうまくまとめてください。

社会のためになっている

自分の活動が、社会貢献になっていることも伝えるのが良い方法です。
すると、もっと活動を応援したくなる人が増えるでしょう。
何のために役立っている事業なのか、サイトで説明してください。
またこの事業を行うことで、毎月どのくらいの利益を得られるのかも記載すると良いですね。
先まで見通している計画があれば、信頼されやすいです。

うまく文章を書くことで、初心者でもクラウドファンディングで資金を集めることができます。
資金が足りなくても、金融機関に相談することに抵抗を感じる人が見られます。
いきなり金融機関に行かないで、まずはクラウドファンディングを使ってみましょう。
それだけでも、十分資金を集められるかもしれません。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top